BCクロカンやってます。

アクセスカウンタ

zoom RSS Crispi、Whitewoodsほか 11-12シーズンモデル

<<   作成日時 : 2011/10/05 06:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

BCクロカン界を支える(?)輸入代理店、ミヤコスポーツのサイトが更新されました。

MadshusのカルフXCDシリーズ後継モデルについては、タマキスポーツのサイトに掲載された時点でご紹介しましたが、こちらミヤコスポーツのwebカタログにも掲載されました。

Whitewoodsでは、サロモンのXadvシリーズのようなブーツカバーが装備された「444NNN BC」というブーツがラインアップに加わっています。
Xadvに似た外観と、モデル名に「BC」が付いていることから、バックカントリー用をイメージしますが、説明文には「歩くスキー入門用」と書いてあり・・・BCクロカンにどの程度使えるのかは不明。

RottefellaのBCクロカン用ビンディングは変更無し。多分。
テレマークのNTNビンディングはカラーリングが変わりましたね。中身も改良されているのかな。

そして何といっても注目のCrispi。
継続のJokulenNordlandに加えて、Svartisenというモデルが新登場。
ヒールとハイバックがプラスチック(多分)で補強され、2バックルを装備。
現在日本に正規輸入されているBCクロカンブーツとしては、最もゴツい仕様でしょう。
当然、滑りにはアドバンテージがあるでしょうが、失うものもあるはずで。
BCクロカンの最大の魅力である軽快性とのバランスはどうなっているのか気になります。
(※2011.11.25追記:下記コメントに寄せられた情報を総合すると、Svertisenが本当に販売されるのかについては、かなり怪しいようです。)

テレマークブーツでは、これまで深くてガチガチのエキスパート向けモデルしか無かったNTNビンディング専用ブーツに、より汎用性の高いミドルクラスのモデル「Evo Shiver」が出てきたのが目にとまりました。
NTNの普及のためにはこういうのがじゃんじゃん売れないとダメなのでしょうね。

ジャンルは違うものの一番驚いたのが、「Enigma」というAT(アルパイン・ツーリング)ブーツ。
一見すると超ゴツいBCクロカンブーツにも見える、アルペン用のブーツとしては考えられなかったような思い切った仕様で、重量は何と950g!(明記されてませんが、さすがに片方で、でしょう)
Xadv8でさえ、ペアで1840gだというのに!
対応ビンディングはテレマークのケーブルビンディングより軽いというTLTビンディング。
TLTシステムの登場でもはや「テレマーク=軽快」とは言えなくなった、という声は数年前からありますが、ここまでのものが出てくるとは・・・。
「alpine touring race」というカテゴリーになっていますし、専門店で聞いたところではやはり剛性はかなり落ちるようなので、一般の山スキーヤーに広く使用されるようなものではないのだと思いますが。それにしてもびっくりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
BCクロカンとしては少し邪道とは思いつつも近所のショップでSvartisenを注文してしまいました。

細革ではアンターティックをはいていたので足形は合うと思います。

普通にテレマークターンが出来るんでしょうか?

来月には人工雪で試そうと思います。
れつ丸
2011/10/17 22:16
れつ丸さん、こんにちは。
「近所のショップ」で注文できるとは、うらやましい。

Svartisen、楽しみですね。
アンターティックで滑ってきた方であれば、Svartisenに限らず、BCクロカンでのテレマークターンにそれほどの困難はないのではないかと思います。

人工雪で試した後は、是非オフピステへ!
Seki
2011/10/18 07:27
Svartisenを注文したと書き込みしましたが、あれからしばらくして店から連絡が。

今期分は売り切れとのこと。

気を取り直してNordlandを発注、それが今日届きました。

もうウキウキです!

滑った感想はまたご報告いたします。
れつ丸
2011/10/30 19:27
れつ丸さん、ウキウキ気分、いいですね〜。
あ〜、私もウキウキしたくなってきてしまった。

それにしても、Svartisen がもう売り切れ?
一体いくつ輸入しているのか・・・。
Seki
2011/10/30 22:57
またお邪魔します。

今日、ネット通販のサイトでSvartisenを発見しました。

思っていたより安かったのでためしにと思って注文しました。

その直後通販の会社から電話があり、現物が未入荷!とのこと。この店に未入荷だけでなく、ミヤコスポーツにも、日本にも未入荷とのことでした!!!

それにしても、このブーツはメーカーサイトでも見つけられません!現存してるのでしょうか???
雪くじら
2011/11/24 17:16
雪くじらさんからまたまた貴重な情報(笑)、ありがとうございます。
やっぱり日本に入ってきていないんですね。

たしかにメーカーサイトにありませんねえ。
ミヤコスポーツのサイトにはまだ載っていますが。
製造中止にでもなったのでしょうか。
Seki
2011/11/25 08:25
昨シーズンCrispiのBCboots・Stetind GTXを個人輸入で手に入れました。JOKULEN GTXに良く似た形で上部のベルトとサイドの補強を取り除いたシンプルな形です。つま先のロットさえ見せなければトレッキングブーツと思われるでしょう。

形は気に入っているのですが、少し幅広の板を履くとブーツが捻じれてスキーコントロールが良くありません。ウエスト62mmのフィッシャー・リバウンドでもきついかなというところです。

つい最近ネットオークションでJOKULEN GTXを入手することができました。サイドの補強以外Stetindとさほど違いは無いと思っていましたが、実物を手にしてみるとバックのほうも補強されていて後傾のリカバリーになりそうです。バックの高さは同じです。

サイドの補強で捻じれ剛性もあり、Stetindに比べればスキーコントロールには向いているようです。これならリバウンドの操作も充分かと思います。

歩きと滑りは相反する要素でJOKULENには柔軟なStetindの歩き易さはありません。

石木田さんのサイトにも書かれていましたが、上部のベルトの機能がよく判りません。せいぜい靴紐の緩みを防止するくらいしか役立ちそうにありません。
つづく
雪くじら
2011/12/07 23:27
つづき(800字の制限があるので2回に分けました)

遠目に視るとほとんど同じ形の両ブーツですが、コンセプトは異なるようです。大まかに言うとStetind=歩き志向、対するJOKULEN=滑り志向ということになるでしょうか。Stetindはダブルキャンバーの細板でクロカン的な行動にJOKULENは少し幅広の板でターンを存分にと思っています。

歩き志向なら価格の安いNORDLANDで良しということになりそうです。ミヤコスポーツさんもちゃんとと日本人の消費動向を捉えて輸入してるようですね。個人的趣味ではNORDLANDは形が美しくないので敬遠ですが。

意外に思ったことは、StetindもJOKULENもサイズはEU40(25.5cm)なのですが、フランスから個人輸入したStetindに比べJOKULEN(多分ミヤコスポーツ取り扱い)のほうが甲高幅広にできていることです。日本仕様で特別に作っているのでしょうか?

私の足は実寸24.5cmながら幅広なためテレマークブーツを含め輸入物は大体EU40(25.5)を履いていますが、JOKULENに関する限り39のほうが合うのではないかと思いました。

実際に使用して報告したいところですが、初滑りはまだまだです。この冬は寒くなるという長期予報は本当でしょか??
雪くじら
2011/12/07 23:31
雪くじらさん、詳細なご説明ありがとうございます。
私はSNSの、しかも旧モデルであるXadv7しか持っていないので、最新のNNNブーツに関する情報を頂けるのは助かります。
Seki
2011/12/08 08:26
4,5年前にSALOMONのスキーとブーツのセットを頂いたのがきっかけでBC世界へ入りました。板は145cm・ウエスト68mm。ブーツは多分Xadv7からジッパー付きのカバーをとったものではないでしょうか?黄と黒のコンビ色のセットです。道具通のSekiさんならお分かりと思います。

ということで、私もXadv系からはじめました。板が柔らかく短いせいもあってスキーコントロールの上でのブーツの機能は満足なのですが(歩きもすべりもよろしい)、防水性能が非常に悪い。ゲレンデの湿った雪で1時間もしないうちに水が浸透してきます。従って春のスキーツアーにはとても使えない。

それで、昨年StetindとXadv8を個人輸入で入手したしだいです(2足で日本で買う1足分でした)。しかし、Stetindは既に書きましたように柔ヤワブーツでしたのでSALOMON黄黒Xadvに比べてスキーコントロールに相当差が出てきます。これではXadvの板は向きません。

Xadv8はスキーコントロールは申し分ありません。写真で見るとゲーター部分が立っているので、相当ハイバックに見えますがブーツ自体のバックは黄黒Xadvよりやや高いくらいで、歩きもさほど抵抗ありません。防水性は良いのですが、どうもゴム長を履いている様で蒸れてきます。

私としては防水性を除くブーツの機能としてはXadv8よりも黄黒Xadvに軍配を上げます。歩きを含めた総合性が良いからです。

Xadv7の防水性はどうなのでしょうか?
雪くじら
2011/12/08 10:01
雪くじらさん、私はこのブログのために一生懸命調べて書いているというのが実際のところで、それほど「道具通」ではないのですよ。
使用感についても鈍感ですし。

それはともかく、Xadv7、私は足の濡れは感じたことがないです。
石木田さんから防水性はXadv8の方が上、と聞いていますが、それでも、以前のモデルに比べれば防水性が強化されているということなんでしょうね。
保温性も悪くなく、私はこのブーツ大好きです。
Seki
2011/12/08 17:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
Crispi、Whitewoodsほか 11-12シーズンモデル BCクロカンやってます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる