Scarpa、Black Diamond 11-12シーズンモデル

スカルパやブラックダイヤモンドなどを取り扱うロストアローのウェブサイトの「製品情報」が更新されました。

BCクロカン・細革関連ということから言うと、スカルパのビンソンがカタログから落ちてないことを確認したら終了、という感じではあるのですが。
しかし、いまや唯一の堅牢系革靴であるビンソンの継続はきわめて重要。

ブラックダイヤモンドの板、ブーツ、ビンディングは、もう完全に細革の世界から離れてしまいましたね。
革靴対応板のセントイライアスはまだ在庫があって販売は続いているようですが、カタログには載っていない。
細革黄金時代(そんなのあったのか?)を支えた歴史を持つBDには、是非また細板を作ってもらいたいなあ。

ブラックダイヤモンドでかろうじて細革・BCクロカンに関連するところでは、キッカースキンの50mmモデルがまだカタログに載ってること。
スキーの中央部(キックゾーン)だけをカバーするショートスキンですが、ザラメ雪なら結構登坂力があります。
私は、どこまで行けるか試してみようと至仏山で使ってみて、結局そのまま山頂まで登ってしまったことがあります。
細板に合う幅のシールが手に入らないが、太いシールを加工するのは面倒、という方には一つの選択肢になるかもしれません。
ただ、最近店頭ではほとんど見かけないような。

さて、テレマーク全般に話を広げると、こちらで一番驚いたのは、スカルパのカタログからNTN専用モデルが消えたこと!
NTN用モデルを拡充したクリスピとは戦略が分かれたということですね。
聞けば、NTNは圧倒的に需要が少ないのだとか。
みるみるうちに革靴からプラ靴に主流が移ったときと同じようにNTNが普及し、今度こそ細革の息の根を止めてしまうのではないか、とちょっと心配していたのですが、そういうことは簡単には起こらないようで、一安心。

※2011.10.9追記
スカルパの北米サイトにはNTNブーツのラインナップも載っていました。
国内のカタログからは落ちましたが、メーカーとしてのスカルパがNTNから撤退したわけではないようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CIMA
2011年10月06日 21:17
私もキッカーシール50mm注文しましたよ。
BCクロカンの道具は、テレに比べてお安く上っていいです。
スカルパのT4も、かろうじてカタログに載ってますね。T4が無くなったら、テレは止めてしまうんじゃないかと思います。BCクロカンという選択肢があってよかったです。
Seki
2011年10月06日 23:20
CIMAさん、こんばんは。
キッカーシール、昔はもっと細いのもあったし、逆に80mmなんて太いのはありませんでしたね。
これも細い方から消えていく運命でしょうか。
使うかも、という方は早めに手に入れておいた方がいいですよ~。
BCクロカンの道具は安いんですが、板の太さやエッジの長短などによりバリエーションが豊富なため、何本も買ってしまって結局出費がかさむ、という状態になっています。私の場合。

この記事へのトラックバック