BCクロカンやってます。

アクセスカウンタ

zoom RSS アゾロ・エクストリーム・プラス

<<   作成日時 : 2012/03/22 06:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先日、うれしいことがありました。
ソールが破損して使えない状態だったために、今まで自慢、いや紹介できなかった革靴が修理されて帰ってきたのです。
アゾロ・エクストリーム・プラス。

1989年、大学生のときに初めて購入したテレマークブーツ、アゾロ・エクストリーム・プロがだんだんきつくなって来たのと、内側の布が破れてしまったので、2005年に2代目のテレ革靴として、同じ2バックルタイプのエクストリーム・プラスを購入しました。
この頃には完全にプラ靴に主流が移っており、アゾロはテレマークブーツから撤退し、スカルパのカタログからもバックルタイプは消えて、紐締めのビンソンだけになっていました。
その急速な退潮ぶりから、革靴そのものがなくなってしまうのではないかと心配していた頃です。

そんな時分に2バックルの革靴の在庫があったのは、やっぱりタマキスポーツ。
まだエクストリーム・プロが完全に使えなくなったわけではなかったのですが、さすがのタマキでも早晩入手困難になってしまうだろうと思い、購入しました。
サイズは、エクストリーム・プロより一回り大きいものに。
タマキスポーツで、大学時代より身長が伸びたわけではないのになんで足が大きくなるんだろう、とぼやいていたら、「足も太るのよ!卒業してから太ってない?」と追及されて、ちょっと悲しい思いをしました(笑)。

ともあれ、これで当面私の細革ライフも安泰、と安心していたのもつかの間、購入したシーズン(2005〜06シーズン)最後のGWツアー、平ヶ岳から山ノ鼻に戻る滑降の最中に、ブーツのソールのスリーピン穴から先の部分がちぎれて取れてしまったのです。

アゾロは撤退しているため、メーカー修理は依頼できません。
タマキスポーツでも、修理屋さんにこれに合うテレマークブーツのソールの在庫がないということでいったんは断られたのですが、その後修理できるようになったと聞かされて、このたび修理をお願いしたのです。

ソールの赤線から先がちぎれていました。ソール交換で完全復活。画像


これが壊れてしまったあと、代用として仕方なく購入した紐締めのビンソンが思った以上に具合が良く、それまではバックルタイプのブーツでないと難しいのではないかと思っていた厳しい条件の滑降もこなせることが分かりました。
ビンソンでのツアーを重ね、今ではバックル無しにすっかりなじんでいるので、エクストリーム・プラスを修理してもあんまり出番はないかな、なんて思っていたんですが、きれいになって帰ってくるとやっぱりいいですね。

とりあえずはビンソンの不安定さに苦しんでいた息子用にぴったりかな、と思っていますが、私もこれでどこか行こうかなあ。

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おお〜、懐かしや〜!!
テレマーク事始めはこれでした。
紐、黄色いのね。
んー、感慨深い。

そうそう、先日伺ったモルげダール倶楽部、村田さんがまた面白いもの作りました。
「スリーピン プロテクター」
http://myokoniigata.blogspot.jp/2012/01/blog-post_24.html

ご存知かもしれませんが・・

ひろ
2012/03/22 17:43
なるほど!
後期のエキストリーム・プラスは滑車式の留め金なんだ。
わたしも暫くの間エキストリーム・プラスを愛用していました。
その前は紐だけの「エキストリーム」でした。
エキストリームは踵に散々靴擦れをつくりました。
エキストリーム・プラスは踵は大丈夫でしたが結構スリムな造りで、足の側面に靴擦れができていました。
アゾロの母子球の曲がりは本当に自然でよかった。これを超えるブーツにはその後出会っていません。
裏山滑雪愛好会・雪くじら
2012/03/22 21:05
ひろさん、こんにちは。
懐かしい…そうかあ。
私はずっと使い続けているので、懐かしいと思ったことはないんですよ。
スリーピンプロテクター、今までなかったのが不思議なくらいの、なるほど、な商品ですね。
ちなみに、以前使っていたエクストリーム・プロでは、ピン穴の回りに強力接着剤を薄く塗っていました。
固い膜ができて、想像以上に効果がありました。
Seki
2012/03/23 08:40
雪くじらさん、こんにちは。

> なるほど!
> 後期のエキストリーム・プラスは滑車式の留め金なんだ。

あの写真だけでそこに気付かれるというのは、さすがですね(笑)。
買うときに、「プーリー(滑車)付きかどうかで値段が違うんだ」と言ってタマキさんが確認してました。
もちろん、プーリー付きの方が少し高い。
私がプーリー付きを持っているのは、自分で選んだわけではなく、タマキさんが倉庫から出してきたのがプーリー付きだった、というだけなんです(笑)。
Seki
2012/03/23 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
アゾロ・エクストリーム・プラス BCクロカンやってます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる