質問~登坂能力と道具

『BCクロカン概説(2)~BCクロカンの用具』のコメント欄に、下記の質問を頂きました。
他の読者の方からのコメントを頂きやすいので、新しい記事にして回答します。

<ご質問>
BCクロカンを始めたいと思っている者です。
用具に関連して少し教えていただきたく。
なるべくシールを使わずに行動したいと考えており、登坂能力を重視して道具を選びたいと思っています。

(1)ビンディングはSNSとNNNのどちらがよいか
両者の違い(使い勝手や性能など)はありますでしょうか?

(2)板の太さとシール無しでの登坂能力の関係
雪質との関係もあるかと思いますが、シール無しの登坂能力は板の太さで変わるものでしょうか?



<回答>
あくまでも私の知識と経験の範囲内でしかお答えできませんが…。

(1)ビンディングはSNSとNNNのどちらがよいか
   ↓
私はSNSしか使ったことはありませんが、登坂能力とビンディングシステムはおそらく関係ないと思います。
使い勝手や性能についても、どちらが優れているという話はあまり聞いたことがありません。

ただ、オートタイプ(手を使わず、踏み込むだけでブーツを装着できるタイプ)はNNNしかないので、「オートじゃなきゃヤダ」という方はNNNを選択するしかありません。
私は、マニュアルタイプのSNSでもテレマークビンディングに比べればずっと装着は簡単なので、不満は感じていません。
とはいえ、純クロカンでオートビンディングを使ったときにはやっぱり楽だな、と感じますが、モコモコのパウダーの時にオートビンディングは履きづらくないのかな、という不安はあります(このあたり、使っている方の感想はいかがでしょうか)。

SNSかNNNかで違いが出るのは、ビンディングよりもブーツです。
現時点では、SNSよりNNNの方が選択肢が豊富です。
たとえばゴアテックス仕様のブーツはSNSにはありませんし。
まあ、ブーツは目的や好みによって欲しいものが違ってくると思うので、結局のところ、気に入ったブーツがSNSかNNNかでビンディングも決まる、ということになるでしょうか。


(2)板の太さとシール無しでの登坂能力の関係
   ↓
板の太さと登坂能力も、関係ないんじゃないかと思います。
ボレーのファット&ロッカータイプのテレマークステップ板はシール並みに登るらしいので、もしかすると関係ないとはいえないのかもしれませんが、少なくともBCクロカン用に使える太さの範囲内では、私は太さと登坂能力に関連を感じたことはありません。

関係するのはステップのタイプ、ステップの面積の大小、キャンバーの強さ、などではないかと思いますが、やっぱり見ただけでは判断はつかないですね。
私は、自分が持っているフィッシャー・アウタバウンズクラウン(太)とカルフ・サルスティス(細)ではあまり違いを感じたことがありませんが、ロシニョール・BC70(中太)は少し登坂能力が落ちるかな、と感じています。

このあたりも、もっとたくさんの板のインプレッションを持っている読者の方がいらっしゃるのではないかと思いますが。


…ちなみに、上記以外に登坂能力に大きく関係するのは、ズバリ、『技術』です!
でもこれは本題とは外れますね(笑)。

この記事へのコメント

れつ丸
2013年02月18日 10:10
思うところを書かせていただきます。

僕はSekiさんと逆でNNNしか使ったことがありません。
最初はマニュアルからはいりましたがロッテフェラーのNNN BCオートを使ってからは、その楽さかげんに手放せなくなりました。
たしかに新雪の時は雪をカミやすいですが、ポケットに忍ばせたツマヨウジで掻き出せばよいのです。
またブーツもクリスピーのゴア仕様のものを2シーズン履いていますが、まったく濡れてこないので気に入っています。

つぎに登坂能力は板の太さよりステップの形状ですね。
フィッシャーの登坂力は皆さん高評価だとおもいます。
マズシャスは意見が分かれるところですが、僕は滑り寄りの板で登りはイマイチかと。

ですがSekiさんのおっしゃるとおり技術が大切で、僕の登れない板でもウマい人はスイスイ登ってますもんねぇ。
Seki
2013年02月19日 06:09
れつ丸さん、コメントありがとうございます。
まあやっぱりオートは楽ですよね。
ゴアもそんなにいいのかあ…。
私が買ったときにはSNSしか選択肢がなかったですからねえ。
1年ずれていれば違っていたんですが。
ritz
2013年02月19日 14:22
Sekiさん

質問した者です。詳細なご回答を記事にしていただきありがとうございます。なるほど、ウロコの形状も各社で違いがあって登坂能力も違うのですね。技術によるっていうのは納得です。シールでも、登れる人とそうではない人いますもんね。
ビンディングについては、まずはブーツを決めるというのが正しい選択のようですね。検討してみます。

れつ丸さん
NNNのオートビンディング良さそうですね。プラブーツでは水濡れは気にすることはほぼ無いですが、BCクロカンスタイルだと靴選びの重要な要素になって来るのですね。

大変参考になりました。これからもBCクロカン記事楽しみにしています。
Seki
2013年02月19日 22:57
靴について補足です。

SNS、つまりサロモンのX-ADVシリーズでも、外からの水が浸みてきたということはありません。
防水性能は非常に高いです。
しかし、蒸れによる濡れは起こります。

この記事へのトラックバック