BCクロカンやってます。

アクセスカウンタ

zoom RSS SIA公式メソッド

<<   作成日時 : 2013/04/01 12:45   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

私、大学生の頃に少しだけアルペンスキーのインストラクターのアルバイトをしたことがあり、そのとき初めてクロカンを履いたのが、テレマークの世界に踏み込むきっかけでした。

日本のスキースクールにはSAJ(全日本スキー連盟)公認のスクールと、SIA(日本職業スキー教師協会)公認のスクールがありますが、私はSIAのスクールでアルバイトをしていたので、一応、SIAのオフィシャルスキーメソッドという本を持っていました。

当時のSIAオフィシャルスキーメソッド(昭和63年全面改訂版)には、ラングラウフ(クロスカントリー)スキーについて1章が設けられており、その技術解説の中で少しだけテレマークターンも取り上げられ、連続写真が掲載されています。
私がテレマークターンの「画」を見たのはおそらくこれが初めてだったはず。
これと、北田啓郎編「スキーツアー 入門とガイド」を参考に、クロカンの板でテレマークターンの真似事を練習したのが、私のテレマーク事始めでした。

SIAのメソッドにはそんな思い出があるのですが、今シーズン、職場の近くの本屋に立ち寄ったら、2012年11月発行の最新版の「SIA公式スキー&スノーボードメソッド」という本が置いてありました。
「ああ、SIAならクロカンの技術解説も載っていて参考になるかもしれないな。それに今ではテレマークはどんな取り上げ方をされているのだろう。」
なんて思いながら手に取ってみると、なんと!
アルペンスキー、スノーボードと並ぶ3本柱として、同格扱い(ちょっとページ数は少ないですが)でテレマークが載っているではありませんか!

さらに、バックカントリースキーにも予想以上に多くのページが割かれています。
これを読んだだけでは山には入れないでしょうが、基本的なことは一通り触れてあります。

体裁も、いかにも「教程本」然としていた昭和63年版とは様変わりして、フルカラーで写真や図表を多用、まるで雑誌のようです。

参考文献の欄を見ると、私が持っている昭和63(1988)年版以降に、1996年版、2003年版と出ていたようですので、今回急に変わったわけではないのかもしれませんが、それにしてもあまりの変化に驚きました。

いやー、アルペンやスノーボードと同格扱いなんて、テレマークもずいぶん出世したもんだ、と感慨深いものがありますが、一方で、同格扱いによる違和感も。
この本、出てくる技術モデルが全員お揃いのピンクっぽいスキーウエアと黒のヘルメットでキメているのですが、スノーボードもテレマークも全く同じスタイルなのです。
ピンクのスキーウェアに黒のヘルメットでテレマークを滑っている技術モデルの写真は、正直言ってかなりかっこ悪い…。
私のオールドテレマーカー的感性のせいかもしれませんが、「公式メソッドなんだからウェアも統一しよう」という発想そのものが、テレマークの楽しさとかけ離れている感じがしてなりません。
そう、この写真を見ても全然楽しそうに見えないんです。
まあ、一般スキーヤーが見て楽しむものではなく、スキー教師を目指す人のために技術を正確に見せることが目的の本なので、当然なのかもしれませんが。

それはともかく、同格扱いというのはメソッドという本での扱いだけではなくて、SIAでは、教師資格の面でも、アルペンスキー教師、スノーボード教師と並んでテレマークスキー教師の資格が設けられているんだそうです。
資格にはステージTからVまであり、ステージU及びVの検定では、選択種目として他の2種目のうちのどちらか、つまりスキー教師ならスノーボードまたはテレマークのどちらか、の実技検定も受けなければならないようです。
んー、これがSIAではなく、SAJの準指や指導員の検定でテレマークの実技をやらなければいけないとなったら、テレマーク用具ももっと売れるかもしれませんねえ。

さて、今のところ「SIAテレマークスキー教師」を謳って活動しているテレマークスクールを私は知りませんが、もしこのSIAのテレマークスキー教師資格が定着すると、半分スクールで半分ツアーガイド、みたいなTAJ系の従来型テレマークスクールに加えて、スキー場の常設スキースクールの一部門としてゲレンデテレマークを教える、みたいなスタイルが広がるんですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SIA公式メソッド BCクロカンやってます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる