テーマ:BCクロカン概説

BCクロカン概説(7)~板の長さについて

BCクロカンの板の長さについてご質問を受けました。 画像や映像を見ると結構短いのを使っているように見える、という疑問からのご質問です。 板の長さには「正解」はないでしょうし、私もBCクロカンを始めて間がなく、あまり自信を持って言えないので、これまであえて書くのを控えてきました。 しかし、疑問を持たれるのはもっともだと思いますの…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

BCクロカン概説(6)~シールの加工

BCクロカンでは通常ステップソールの板を使用するので、シールなしでもある程度登れます。 しかし、ステップソールは雪質によっては効きが悪いですし、シールを使えばより行動範囲が広がります。 そこでシールの併用をお勧めしたいのですが、このシールの準備にはいろいろな問題をクリアする必要があります。 1 シールの幅 これはテレマーク細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCクロカン概説(5)~BCクロカンを試す

BCクロカン概説(1)から(4)でBCクロカンのことをいろいろと説明してきましたが、どういうものかをイメージするのは簡単ではないでしょう。 BCクロカンの滑走感は、アルペンスキーはもちろん、テレマークともかなり違うので、用具を購入する前にまずはレンタルで試してみた方が良いと思います。 と言っても、レンタルできる場所がそうそうある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCクロカン概説(4)~BCクロカンの長所・短所

まほろば倶楽部でBCクロカンを体験し、気に入ってMyスキーを購入された方が少なからずいらっしゃると聞いています。 皆さんBCクロカンに魅力を感じている点は様々だと思いますが、ここでは、私が感じているBCクロカンの長所と短所を挙げておきます。 <長所① 軽快な歩行> BCクロカンの第1の長所は、歩きの軽快さです。 ステップ板に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

BCクロカン概説(3)~用具はどこで買う?

「BCクロカンの用具」の記事に、「日本で比較的入手しやすいもの」と紹介しましたが、この「比較的」というのがミソで、BCクロカン用具を入手するのは簡単ではありません。 特にブーツとビンディング。板はテレマーク用としても使われるので、置いている店がそこそこありますが、ブーツとビンディングを取り扱っている店は本当に少ないです。 東京で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCクロカン概説(2)~BCクロカンの用具

BCクロカンは、なんといっても軽快感が最大の魅力です。 その用具は、クロスカントリースキーに『滑る』ための最小限の機能を付加した、というイメージです。 <板> 板は、最近の一般的なテレマークスキーよりも細くて軽い、センター幅55~68mm(トップ幅では65~90mm)くらいのステップカット付きの板を使います。 スチールエッジ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

BCクロカン概説(1)~BCクロカンとは?

さて、「BCクロカン」といっても、ほとんどの人は何のことか分からないと思います。 BCクロカンはこれまで日本ではあまり行われなかったスタイルのスキーで、「BCクロカン」という呼び方は、日本が誇るテレマークスキーヤー、石木田博さん(@まほろば倶楽部)による造語です(多分)。 「BC」はバックカントリーの略、「クロカン」はクロスカン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more